妊娠レポート
東京都35歳 鍼灸治療9か月 2017年1月妊娠 2017年10月報告
院長先生、副院長先生

大変ご無沙汰しております。治療中は大変お世話になりました。
この度、無事第一子を出産することができましたのでご報告も兼ねて出産に至るまでの治療歴等をご報告させて頂きます。
うる覚えの部分も多々ありますが、現在治療中の方へ少しでもご参考になれば幸いです。

私の妊娠レポート
【これまでの経緯】
<治療歴>
不妊原因・・・PCOS、男性不妊

30歳ー 初めての体外受精。採卵するも受精せずに終了。
その後、主人の都合により日本を離れることになり一旦治療をお休み。しかしその間にも日本人がやっている鍼灸院にて不妊の為の鍼治療を行っていました。

34歳〜35歳 ー 日本に帰国したのを機に再度体外受精をする為に通院開始。
1周期目に新鮮胚移植をするも妊娠反応が見られず。体質改善をする為にも鍼治療を開始。その後、9周期目の凍結胚盤胞移植で妊娠。(通院開始約1年後位)
         
妊娠後〜出産までー 鍼治療のお陰でつわりも軽く妊娠初期から中期は仕事を休むことなく、元気に過ごすことができました。中期から後期にかけては妊娠糖尿病になってしまいましたがインスリン投与をするまでには至らず出産することができました。遺伝も関係する妊娠時特有の病気ですが、出産するまで何が起きるか本当にわからないものだなと実感しました。

【心がけたこと・やったこと】
・週一回の鍼治療
・こんにゃく温湿布
・足湯(朝・晩)
・犬の散歩も兼ねて毎日30分は歩く
・週1のホットヨガ
・お灸
・サンマットで仙骨付近を温める
・毎日、湯船につかる
・夏でも靴下着用
・常に腹巻着用
・身体を温める食材を食べる
・ストレスを溜めないよう、主人や友人と美味しいものを食べに行っていました。
・会社へは弁当持参
・サプリ(葉酸、ミトコンドリア等)
・漢方(漢方薬局にて処方してもらった煎じ薬の温経 湯)
・お酒を控える

【最後に】
私の場合、治療歴としては計1年半位になるかと思いますが、先生の治療をしていなかったら、今も採卵・移植を続けていたと思います。
その位、自分の身体には合っており効果を感じました。特に移植前後の鍼治療は良かったと思います。その際は、日時をご調整して頂き助かりました。
他にも食生活・サプリについて、そして治療に向かう姿勢等を先生との治療で教わることが多くあり参考になりました。
なかなか胚盤胞にならずメンタル面で落ち込むこともあり、思わず涙することもありましたが真摯に気持ちを受け止めていただき、
帰るときには前向きな気持ちになり、また頑張ろうと丞心堂での治療が精神面でも心強い励みになっていました。

決して諦めず、そして丞心堂にて治療をすることができ本当に感謝しております。
これからも多くの頑張っているご夫婦のもとに幸せがやってきますよう、お祈り申し上げます。

赤ちゃんをこの手で抱くことができ本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難う御座いました。

他の妊娠レポートは院内にてご覧いただけます。